朝からテンションを上げる7つのワザ

つらい朝 テンションをアゲる 裏ワザ・7つ

朝起きたくない、朝がつらい、今日仕事に

行きたくない!……と感じる日ってありませんか?

少なからず誰もが一度はあるのではないでしょうか。

あるいは「ほぼ毎日感じているよ!」という方も少なくないことでしょう。

とくに、雨が降っていたり、寒かったりする日に、

朝からテンションを上げることは、
かなりハードルが高いですよね。

しかし、朝は一日を決める大切な時間。

「朝の過ごし方で人生が劇的に変わる?

成功者が必ずやる5つのこと」でも、

成功者が朝に必ず行う事をお伝えしましたが、
では実際にテンションの低い朝に、

どのようにしたらテンションを

上げられるのでしょうか?

実は、簡単に実践できる方法があるのです!
今回は、アメリカの健康サイト『WebMD』

を参考に、つらい朝にテンションを

あげるための7個のワザをご紹介します。

1:朝食に”複合糖質”を取り入れる

朝食には、栄養価の高い物を食べたほうが

良いのですが、とくにお勧めは、

”複合糖質”の食材です。

複合糖質とは、糖質が主になりタンパク質や

脂質等、他の成分も含まれる食材の事です。
例えば、ピーナツバターやオートミール、トースト等です。

研究によると、エネルギーにすぐ変換され、

朝の気分を上げ、覚醒させるという結果がでています。

2:外気を吸う

2、3分でも良いので、窓を開けて外に出て、

新鮮な空気を吸いながらストレッチ等をしてみて下さい。

それだけで、実は十分に効果があるのです。

複数の研究によると、人は緑の中で

ウォーキングやガーデニング等の身体を

動かす事をたったの5分間するだけで、

気分が良くなり、自尊心が高くなるという事がわかっています。

3:自然の音を聞く

自然の音が聞きたくても、森林に住んで

いない限り、難しいですよね。
しかし、CDや専門の録音されている音源を

聞くだけで、十分な効果があるのです。

最近の研究では、水と鳥のさえずりの音を

聞いた人は、ストレスからすぐに立ち直る事

がわかりました。

海の音、川の音など、自分の好きな音を

朝の目覚まし時計にすると良いかもしれませんね。

4:5回の深呼吸

心理学者のロビン・マッケイ博士によると、

起床後にすぐに、5回深い呼吸をするのが

良いのだそうです。

その時、今日一日をイメージし、

どんな挫折や予期せぬ出来事が起こっても、
この呼吸を思い出し、不注意に行動せずに、

集中して注意深く対応していこうと

心に言い聞かせましょう。

それが気分を上げるコツだと博士は言っています。

5:ホットチョコレートを飲む

最近の研究で、数学問題に挑戦した参加者達が

”ココアフラバノール”を含んだ飲料を

飲んだ時に、気分が上がり、頭が覚醒した事

が明らかになりました。

このフラバノールは、チョコレートにも

多く含まれているんです。

また、ホットチョコレートに含まれる

ミルクの成分である、タンパク質や炭水化物は

血糖値を上げてくれます。

6:ペパーミントを嗅ぐ

実はペパーミントの香りを嗅ぐ事で、

疲れきっている状態でも、気分を上げて、

注意力が増す事が明らかになっています。

起床して、すぐに香りを嗅げるように、

エッセンシャルオイルをベッドから、

手の届く所に置いておきましょう。

また、朝食後に、ペパーミントガムを

噛む事で気分や注意力が上がる事も

他の研究で判明されました。

7:笑う

笑う事は、どこでも、すぐにできますよね。

マッケイ博士が言うには、笑う事は、

自分だけでなく、周りの人々のムードも上げ

そして簡単にできる方法です。

朝に笑うことで、そのエネルギーが

一日自分の中に広がるようにしましょう

以上、つらい朝にテンションを上げる

裏ワザ7個をお伝えしましたが、いかがでしたか?
どれか一つでも良いので実践して、

朝から上機嫌で一日をスタートさせてみませんか。

私がいくつか実践してみたところ、

外に数分でも出るのは、かなり効果的でした。
眠っていた世界から、現実世界に戻ったように、

頭が不思議とスッキリしました。

また、ペパーミントも、頭がスッキリし、

疲労感やストレスが和らぐのでお勧めですよ

朝起きれないのは、疲れが溜まっている証拠なので

精神まで疲れ果てないようにまずは十分な睡眠を取りましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
元気でネット♪




元気でネット♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
元気でネット♪