時間管理のマトリックスについて

第四世代の時間管理は次のマトリックス表で説明することができます。

【時間管理のマトリックス】

緊 急             緊急ではない


(第1領域)       ┃   (第2領域)

重  危機への対応        ┃  予防を高める活動
差し迫った問題       ┃  人間関係づくり
要  期限のある仕事       ┃  新しい機会を見つけること
┃  準備や計画
┃  心身をリラックスさせること
━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第3領域)       ┃   (第4領域)
重                ┃
要  飛び込みの用事、多くの電話 ┃  取るに足らない仕事、雑用
で  多くのメールや報告書    ┃  多くのメール、多くの電話
は  多くの会議         ┃  暇つぶし
な  無意味なあいさつやつきあい ┃  快楽だけを追求する遊び
い                ┃

上のマトリックスを見るとわかるように、
活動を決める要因は緊急度と重要度の2つです。

緊急の活動は今すぐ取りかからなければいけない活動です。
「早く!」と私たちをせき立てる仕事です。

緊急の用事ができると喜ぶ人がいます。
緊急の用事のなかには、楽しいこと、簡単にできること、面白いこと
もたくさんあるからです。

しかし、ほとんど重要な用事ではありません。

一方、重要度は結果に関係します。
重要な用事は、あなたのミッション、
価値観、優先度の高い目標の
実現につながるものだからです。

重要で、なおかつ緊急な用事であれば、すぐにでも取りかかるべきも
のですが、緊急ではないけれど重要なことの方がたくさんあります。

この緊急ではないけれど重要なことに取りかかるためには、率先力と
主体性が要ります。

多くの人が、上のマトリックスの肥大化した第1の領域の用事に振り
回され、打ちのめされています。

彼らが逃げ込む場所は、緊急でも重要でもない第4領域です。

彼らのマトリックスを見ると、
時間の90%が第1、第3領域に使われ、
残り10%を第4領域で使っています。

第2領域は見向きもされません。

自分の能力を大きく伸ばすのは第2領域です。

P/PCバランスの話は憶えていらっしゃるでしょうか。

P =成果(Production)
PC=能力(Production Capability)

イソップの寓話『ガチョウと黄金の卵』に例えれば、Pがお金で、
PCがガチョウです。

多くのお金(P=成果)を得ようと思うなら、ガチョウ(PC=能力)
を大事に育てなければいけないという話です。

つまり、第2領域の活動に時間を使い、P/PCバランスをうまくと
らなければいけないのです。

引っ越し、遺品整理、生前整理、管理物件の残置物撤去だけでなく、
家まるごと片付け、ゴミ屋敷片付け、店舗閉店に伴う片付け、
老人ホーム入退去時のお片付けなどにも迅速、丁寧に対応

スポンサーリンク
元気でネット♪




元気でネット♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
元気でネット♪